フォト

ブックマーク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

RSS


  • follow us in feedly

SNS


おすすめ商品


広告


おすすめショップ






ランク


無料ブログはココログ

ニュース

2017年4月 6日 (木)

税金泥棒か

森友学園の件でも
野党のやり方には嫌気がさしていたところだが…

記者に激怒した大臣問題にもほとほと呆れてしまう。
まず記者の奴がおかしいでしょう。
記者だからと言って
あんな言動が許されていいわけがない。
大臣が一人の社会の先輩として叱ったとして何が悪い。
ああいう態度の人間は本当に嫌い。

それだけでも気分が悪いところに
野党がそれをやり玉にあげて辞任すべきだと?
馬鹿も休み休み言え。
貴重な国会の会期が
政権を奪おうという茶番でどんどん無駄になる。
与党を倒したいならまともな政策をだして戦え!

あえて私が言わずとも
もっと的確に批判してくれている方はたくさんいるが
今回ばかりはどうしても言いたかった。

とにかく今情勢が不透明な時に
何を優先すべきか考えろ馬鹿野郎!

2016年11月10日 (木)

米大統領選が終わり

ダウが大幅値上がり
開票中は先物が驚異の暴落をしていたにもかかわらず
解説によると
上下院とも共和党が抑えたことや
民主党からのスムーズな以降が予想されたことらしい。
それをいうなら
それは開票中にわかっていることではないか
日本株暴落はなんだったのか
諸外国もそうだ
結局はまた
投機筋がパニックを煽っただけではないのか
そんな批判ばかりで面目ない。

しかし終わってみると
トランプ当選は当然の結果
むしろ予想できなかったやつはわかってない
みたいな風潮が出てきて
どうもモヤモヤする
ネット上では仕方ないと思う。
嘘か真かいろいろな理由を挙げ議論されていた。
しかし大衆メディアが
手のひらを返したようにそういうのはどうかと思う。
解説によると
本国ではもともとトランプの支持者は多かったが
メディアがクリントン有利と報じていただけだと
確かにそれをわかっていたら
情勢に理解の深い人だと思う。
尊敬する。
自分は浅はかだったと認めるしかないが
それでもクリントンが良かったというのは変わらない。

まあ風潮については
自分がそう感じているだけかもしれないが

米市場がまずは好感したように
今後の流れに期待するしかないですね

2016年11月 9日 (水)

トランプショック その裏で

トランプ大統領など想像できたか

リスクがショックとなってしまいましたね
まさにブレグジットの再来
いやいやどこかいやな予感は確かにあった
しかし何としてもクリントンに勝ってほしかったし
その勝利を信じていた

もちろんどちらになっても一長一短あったでしょう。
どの国にとっても

これほど金融市場が混乱したのも
過剰反応だろうし
それは結局投機筋の都合によるものが大きいでしょう。

この結果には唖然

まあ自らの株式投資的には
今日のところは
思ったよりダメージは少なかった。
そしてこれでリスクをほぼ織り込んでしまったかのような雰囲気すらある
だがしかし問題はこれから
そんなことを言ってられないような不安が湧き上がる

受け入れるしかない
期待できないがするしかない。


大統領選の裏で…日本野党の低俗さ

大統領選のことは
ショックだったがなんとか受け入れた。
しかしこんな日に気分の悪い話題があった

先の参院選にて
的外れな政権批判しかしないのに
当選してしまった野党議員
私は彼が本当に嫌いで気持ち悪いのですが

その人物が
あの博多崩落事故を取り上げ
それ自体の深刻さを棚上げし
政権批判のネタとしていた。
信じられない。

別のとある記事で見たが
某野党は国会を止めるだけの給料泥棒と批判されている。

本当に嫌悪感が募る。

2016年11月 7日 (月)

トランプリスクというもの

まあ私はクリントン派ではありますが
トランプリスクとはひどい言われようですね

そしてその言葉通り
トランプリスクにより株式市場はリスク回避の売り先行
ここまであからさまに世界はクリントン大統領を望むのか

FBIのメール問題捜査再開で
何やってくれとんじゃ!
と思ったが
追訴しない宣言で急反発
どんだけだよ…

そうはいってもトランプ支持者が多数いることは事実。
メール問題で一時逆転されたのには肝を冷やした。

一部報道ではブレグジットの再来かとまで言われた。
それくらい世界から歓迎されない政策。
だがそれを唯一の救済かのように待ち望む人々
だがやはり世界に目を向けなければ
豊かさは訪れない。
とはいえあまり譲歩しすぎる政策はやはり身を滅ぼす
アメリカはその辺上手いのではないか
日本はどうだ

もうすぐ投票
これを契機に世界がより良い方向に向かうことを
願ってやまない。

2016年10月27日 (木)

ZMP上場のはなし

自動運転の本命と言われたZMP
12月の上場に向け準備中との記事が。
正式な発表はされていないだろうが
そう遠からず実現するはず
というか報道の通りの可能性も高い。

JR九州が上場し、このあと
今年最初の大型上場と言われていたものが
今年最後の大型上場を飾るのか?

実に楽しみである
最近は各方面から自動運転に関するニュースがどんどん飛び込んでくる。
その中でZMPはどのような強みを見せるのか。
非常に興味深い。

関連銘柄もずっとホールド中

この負けっぱなしの投資生活に
逆転の機運を与えて欲しい。
まあたとえ上がっても
全て売り払ってしまうようなことはしません。
惚れた銘柄ですから長く付き合います。

自動運転の話題のさなか
自分が次に買う車はたかが知れているが
少しでもグレードのいいものにする資金を得たい。
見栄はって無駄遣いはしないが

さあ正式発表を待ちましょう!

2016年9月28日 (水)

マック テキサスバーガー復刻!

テキサスバーガー復刻!

本日28日から発売
記事ではファン狂喜とのこと。
確かに
あれはいい思い出
一番マックを好きだった頃だ
美味かったと思う。

あのシリーズは良かったですね。
新しいのが出るたびに
楽しみに買いに行きました。

今では
その良く行った店舗も無くなりましたがね。

当時から雰囲気が悪く
ガラの悪い連中がたむろしてた。

そういうところを閉鎖していく政策がとられ
まあそれはそれで確かに良かったが
寂しいもんですね。

街は寂れていった…


2016年9月21日 (水)

日銀 金利政策へ移行

検証の結果が出されましたね。
相変わらず素人意見ですが
私はこれでいいと思います。
市場も素直に好感したということなのでしょうか。

いままでの量的緩和では結果が出なかった。
個人的な見方としては
出せなかったというより
あくまで「出なかった」ということではないでしょうか。

麻生さんが言うように
日本のファンダメンタルズは決して悪くないと
思っています。

円安頼みなところもあったでしょうが
それでなくても日本企業は
業績を上げるため様々な施策を試みてきました。
ただ企業が個人消費が上向くことを目指したかはわかりませんが…

結局緩和マネーを貪る投機筋の策略により
日本景気は政策の効果も薄れ停滞してしまったのでは
と考えます。
それに外的要因にも悩まされました。
それも必要以上に揺さぶられる始末。

とまあ考えるのは勝手ですが
本当に根っから日本がまずい状況かも知れない
ということも素人にはわからないところであるかも知れません。

これで市場が正常化するとかしないとか
理屈は私にはわかりません。
しかしこの政策の移行の効果が現れることを
願ってやみません。

2016年9月 8日 (木)

千葉三越閉店

百貨店閉店のニュースがあとを絶ちませんが
三越伊勢丹もその流れには抗えずというか
まず千葉店や多摩センターが閉店。

実際行ったことはありますし
記事でもありましたが
驚くほど閑散とした店内、
閉店もやむなし。
立地も大きな原因でしょう。
しかし店舗自体の努力が
伝わってこないのも確か。

千葉駅は近く
新駅ビルとともにショッピングセンターがオープン。
その波に乗れるような体制は
やはりなかったでしょう。

パルコも閉店し
千葉駅周辺の勢力図は様変わり。

発展するのはいいことですが
寂しい側面は避けようもない。


千葉駅新駅舎は11月20日開業

駅ビル、ショッピングセンターに先駆け
新駅舎は近く開業
まだまだ完成する気配がないように見えるが
ある日急に仮囲いが取れ
その姿を見せてくれるだろう。

それだけで雰囲気はガラッと変わる
楽しみである。


2016年9月 5日 (月)

意義あり!な裁判

逆転裁判は面白い!
あのゲームにはつい熱中してしまう。
魅力的な弁護士、そして検事。
被告を信じて無罪を勝ち取る姿。
しびれますね。

しかしそんなのゲームだけだと
現実はいかに汚れているか
思い知らされる事件も多い。
というか弁護士は大変だ。

こんな奴に弁護なんて必要ない!
即実刑だ!と思う事件があった。

確かに最近凶悪事件もあった。
極刑を求刑するのもいいが
それはそれで色々と審議は必要となるものだ。

ただ、あまりに単純明解な事件に関しては
弁護する方もバカバカしくなってしまうのではないか。
それでも当人は仕事である以上きちんと責任を果たすだろうが。

そんなことを思った日でした。
報道を見てとても気分が悪くなった。

2016年9月 2日 (金)

三菱の軽自動車 販売増…

関係者が買支え
いやまあそれぞれが自主的に
愛社精神でやったならいいが
お上の強制的な命令ではなかろうな。

不正の検証でまた不正という
笑えない失態を犯し
もう救いようのない状態というしかない

長年三菱自動車ファンを貫いてきた私も
日産と提携?するとはいえ
信じられないですな。

まあどちらにしろ
買いたい時に買える車を買うしかない
そういう貧乏人ですから
どうしようもない。

世は自動運転など現実的なものになってきている。
テクノロジーはどんどん進化している
型落ちの安物しか買えないのはやはり悔しい。

多少はそういったものに追いついて行きたい
まあ何に代えてもなんて考えたら破滅しますな。

でもドラレコなどはどうやら
思ったほど高くないですな。
機能もどんどん良くなっている